おススメ絵本

      2016/12/01

前回は『ことば』についてのお話をしましたが
今回はそれを踏まえてオススメの絵本のご紹介です。

 
<0歳から1歳>

愛蔵版 だっだぁー

粘土で表現したお顔の表情が何とも言えない
不思議ワールドを展開します。
「ぶっひゃひゃぁー」「だらったらぁーだらぁー」
といった擬音語を読み手のママが工夫して表現してください。
そんな表情豊かに変化をつけると赤ちゃんは大喜びです。
¥赤ちゃんに読み聞かせるはじめてブックに超おすすめ!

ごあいさつあそび

みんな大好きな仕掛け絵本『ごあいさつあそび』は
ご挨拶、トイレ、歯みがきといった大事な週間を
分かりやすく教えてあげたい時にぴったりです。
一つ一つの絵も大きめで分かりやすく仕掛けがあるので
ページをめくるのが待ち遠しくなるような一冊。

だるまさんと

みんな大好き!だるまさんシリーズの第三弾。
第二弾までは絵本の中に出てくるのはだるまさんだけでしたが
今回は仲間と一緒に登場です。
第1弾、2弾共に大笑いできる絵本だったのに対して
今回作はほっこり系。
ぜひ、

はらぺこあおむしロングベストセラーになっているこの本は
美しい色彩とあおむしの成長過程を
ページの大きさで表現したり指を入れて遊べる穴があいていたりと
お楽しみどころ満載。
親子で楽しめる超おすすめの一冊です。

<2歳から3歳>

ねないこだれだ
おばけ絵本の代名詞のような絵本。
ママが小さい頃に読んでもらったと言う記憶を
お持ちの方も居るのでは?!
おばけってちょっぴり怖いけど、でも見てみたい。
絵のタッチもやさしい感じなので、聞き入ること間違いなしです。

ピンポーン

シルエットで登場するカラフルな動物たちのお家に
お届物が届く、シンプルな繰り返しが楽しい絵本。
配色もカラフルで、早く次のページが見たくなります。
お出掛けにも便利なちょっぴり小さめサイズ。

ねずみさんのながいパン

ねずみさんが長いパンを抱えて走る姿がかわいい絵本。
きりんやぞうのお家では家族で食卓を囲む風景に出合います。
みんなおいしそうに食事をする場面の繰り返しに、
好き嫌いや食事への興味を持たせたいと思う時にはぴったり。

<3歳から4歳>

どうぞのいす
ロングセラー絵本。
『どうぞ』のやさしいことばと伴にうさぎさんが作った椅子を
次々に取り換えっこしていくお話です。

ぐりとぐら

こちらもロングセラー絵本です。
きっとパパ・ママも子供の頃に読んだ経験があるのではないでしょうか?
ぐりとぐらが焼いた大きなパンケーキを焼くまでの過程や
焼きあがったパンケーキを森の動物たちと一緒に食べる場面は
表現の細かさにうっとり。

もったいないばあさん

もったいないばあさんシリーズの一冊。
『もったいない』の精神、物を大切にする精神は海外でも注目され
英語版の出版もされています。
他に『もったいないばあさんのいただきます』
『もったいないばあさんがくるよ!』『もったいないことしてないかい?』があります。

 - 3歳以上, コラム, 小学校低学年, 年齢別