中学生の心理

      2016/12/01

鬱陶しい雨の時期がやっと終わり
秋晴れの季節がやってきました。

さて、今回は中学生の心理についてのお話。
ズバリ、中学生は大人と子供の中間でとても難しい時期。
思春期ですね。
小学生の頃はママの言うことを素直に聞いてくれてたのに
急に反抗的になってしまい
びっくりしているママも少なくないのでは?!
ウチの中1の息子もまさに真っ只中で
無性にイライラしている時があったかと思うと私に甘えてきたり・・・
彼自身も葛藤を繰り返しながら成長しているところです。
そんな時、私は極めてふつうに接しています。
イラついている時には適当にスルーして
甘えてきた時にはめちゃくちゃハグしてあげています。
実は息子は今も甘えん坊で良く私に
ひっついてきたりしているんですよ~^^
思春期にはこう言った対応が大事で
ママ自身も心に余裕をもつことがとても大事になります。
女の子も同様です。
特に生理周期で感情が上下するので逆にわかりやすいかも
知れません。
ママに対して偉そうな口をきいたり、悪態をついたり。
私の周りのママたちのお話を聞くと
女性同士なので余計にいがみ合いのような状態に
なりやすいようです。
思春期はひとつの通過点。構えず、難しく考えず
いつもと変わらずにお子さんに接していってください。

干渉と距離について

さて、いつもと変わらずに接すると言っても
放っておくのはまた逆効果にもなります。
見放されていると感じたり、また過干渉になったりすることが
反抗の原因になったりしています。

一歩ひいて見守るような位置を忘れず
に居ることを心がけましょう。
今は携帯電話のメールで会話することもできますので
絵文字などを使って簡潔に、距離を置きながら
気にしてあげるようにしましょう。

 

長い目で見てあげて

反抗している時期って、辛くて長く感じますよね。
でも必ずきちんと話せる時期が訪れます。
その時には子供は必ず戻ってきます

焦らず、長い目で見ていってあげましょう。
一口に言ってもなかなか難しいし
忍耐も必要ですが
親の手から少しずつ羽ばたいていこうとしている
子供の成長の手助けと思い、一緒に頑張っていきましょう。
あなた自身を思い返してみてください。
きっと同じ経験をして成長してきたのではないでしょうか?
先の見えないトンネルを歩くような感覚で
不安になるかも知れませんがご自分のお子さんを信じて
どっしりと構えて見守ってあげてくださいね。

 - コラム, 中学校, 年齢別, 未分類